カテゴリ:+オーナー日記( 11 )
10周年パーティーを終えて
c0227264_1563668.jpg


こんにちはブライズの坂口です!

先日は、10周年記念パーティー開催にあたり、
多くの方にご出席をいただき
また、たくさんのご祝辞、お花、お祝いの品を頂戴しました。
本当にありがとうございました。
心新たに、新しい10年を迎える上で、
とてもいい節目とさせていただきました。
席上のスピーチでもお話したのですが、
10年で出会った人、10年で学んだこと、
10年で築けたこと、10年で見失ったもの。
いろんな意味で感慨深い時間でした。
もう一度肩の力を抜いて、一からのスタートです。
原点回帰でがんばります。

このパーティーは、ブライズ開設当初よりの、
数あるぼんやりした目標の中のひとつでした。
はじめは、何かを始めたい、何かをしなければ・・、
という使命感のような形でのブライズスタートでしたので
恥ずかしながら、目標すら明確でない中での船出でした。

ただし、スタッフもおります。
目標がないのはおかしい、ということで、小さな目標をいくつかたてました。
スタッフには表明する慣わしですので、
社内では周知されてはいますが、
パリに行く、外車オーナーになる、自社店舗をつくる、
そこでお客様や、スタッフの家族を招いてパーティーをする、などなどです。
笑われてしまうような小さな目標ばかりですが、
今回は、7年越しでようやくそのひとつの夢が叶いました。

2011年からの10年がどのようなものになるのか。
P.F.ドラッカーの話の中に、
「私が十三歳のとき、宗教の先生がきみたちは
何によって憶えられたいかねと聞いた。
誰も答えられなかった。
先生は笑いいながらこう言った。いま答えられるとは思わない。
でも五十歳になっても答えられないと問題だよ。人生を無駄に過ごした
ことになるからね。」というものがあります。
人生の最終コーナーを曲がり、ラストストレートです。
周囲は多くの観客と歓声で埋め尽くされている。
そんなイメージを大切に、新しい夢をつかむために走りきります。

今日の写真は、私たちおやじ世代のヒーロー、鉄人28号です。
神戸長田区に雄々しく立っています。
残念ながら、お台場のガンダムよりもこちらの世代です。
by brides-japan | 2010-09-30 15:06 | +オーナー日記 | Comments(0)
NYの超人気ウエディングプランナー
こんにちは、ブライズ坂口です!

写真は、先日参加したセミナーでお会いした、
ニューヨークのウエディング業界の
トレンドセッター・トップ25人の一人であり、
The Knotが選出する
ベスト・オブ・ウエディングス(2006~2009)にも選ばれている、
超売れっ子ウエディングプランナーのミッシェル・レイゴさんです。
常に新たなトレンドを生み出し、進化をつづけているニューヨークでは、
「ビュッフェとコース併用型の料理提供」、
「ディナーで流れるBGM」、「ゲストへのプレゼントを買わなくなった」など、
微妙に、しかし、
確実に時代の気分を反映した変化が進行しているようです。(WJ記事文中より)

今回セミナーを主催された羽原社長は、
日本のパーティーと、欧米のパーティーは「似て非なり」と、外国にある、
ありえない日本料理店の名前(私自身、いくつかの国で目撃しています)や、
寿司をおかずにご飯を食べたり、
着物をガウン代わりに着る文化の勘違いを例えに話されています。
きっと、日本の欧米風ウエディングパーティーは、
日本人の勘違いの集積であり、
欧米人たちから見て、全く違うものに映っているのだろうなあと思うと、
気恥かしさや、おかしさが込み上げます(笑)。

いろんな意味で、刺激になった出会いと、お話の内容でした。
c0227264_1348247.jpg

by brides-japan | 2010-07-30 13:47 | +オーナー日記 | Comments(0)
記念日
c0227264_14242550.jpg



















こんにちは! ブライズの坂口です。

昨日6月20日は、恥ずかしながら私坂口の誕生日でした。
また、ブライダルプロデュースブライズとして
当地に産声を上げた記念日でもあります。

多くのスタッフや、友人たちからも
お祝いメールやプレゼントをいただきました。
あらためて、みんなのやさしさや、温かさににふれ合えた一日でした。
日曜日で、仕事も大変だったのに、
パーティーを企画してくれたブライズのスタッフには
こころから感謝しています。

多くの皆様に支えられて満10年が経ちました。
2000年のマリーナ河芸をスタートに、
2003年はザ白梅クラシックガーデン、
2005年にはリストランテソプラノ、
記念日のレストラン光と風の時間を始動しました。
他にも、単発で参画させていただいた会場もいくつかあり、毎年毎年
新しいコンセプトの会場立ち上げを経験でき、とても充実した10年でした。

9月には、節目の年として次の10年に力強くチャレンジする思いを込めた、
記念パーティーも計画しています。
これからも、新しくパワーアップするブライズをよろしくお願いします。
by brides-japan | 2010-06-21 14:25 | +オーナー日記 | Comments(0)
座右の銘
こんにちはブライズ坂口です!

c0227264_19475724.jpg














今日のテーマは、座右の銘です。
よく、雑誌の取材などを受けると、「座右の銘は?」などと聞かれます。
はじめはよくわからず、
「好きこそものの上手なれ!」とか、「時の流れに身を任せ!」などと
言ってましたが、どうも空気が違う感じ?でした。

数年前から、今回テーマの孔子の言葉を借りて座右の銘にしています。

ひとつは、「わが道一を以って之を貫く」
もうひとつは、「行くに径に由らず」 です。

「わが道一を以って之を貫く」 は、そのままの意味で
選んだ仕事を生涯やり続ける、という意味です。
僕はいまの仕事が天職だと思っているので
はじめてこの言葉を目にしたときから、
自分の中に素直に入ってきた言葉でした。

「行くに径に由らず」 は、少し難しいのですが
行くと決めたら堂々と道の真ん中を歩いて行く、という意味で
わき道や、近道、時にはずるいことをしてでも人の前に立つようなことはしない。
のんびりでいい、ゆっくりでいい、お日さまのあたる道の真ん中を、
誰にも臆することなく正直に堂々と歩いていこう!
という意味で解釈しています。

ブライズをはじめてから10年目。
スタッフも18名に増えました。

僕を信じて頑張ってくれているみんなにも、
ぜひ、そんな気持ちで仕事を楽しんでほしい。
びくびくや、おどおどしなければいけないような、
そんな仕事のさせ方はしたくない。
お客様を含め、すべての人たちに対し、
正直に生きることの幸せを感じたいと思い大切にしている言葉です。

今日の文字は、名古屋の丸善でたまたま出会った書道家の先生に
その場で書いていただいたものです。
改めて、大切にしていた言葉に、新しい生命が宿ったように感じました。
by brides-japan | 2010-06-03 19:48 | +オーナー日記 | Comments(0)
ブライズの牽引車たち。
c0227264_16581194.jpg

こんにちは、ブライズ坂口です!

ブライズは、2000年の6月創業ですから、今年で10年目になります。
よく言われることですが、あっという間に駆け抜けた感じです。
いっしょに頑張ってくれたスタッフも、
10年目の娘、8年目の娘、7年目の男の子などまちまちですが、
振り返ってみるといろいろあって苦労したはずなんですが、
楽しいことしか覚えていません。
ハワイや香港、北海道にみんないっしょに出かけたことや、
その時々のエピソードはあまりにも強烈過ぎて、
今でもブライズ伝説として語り継がれています。

今回、ニューフェイスを二人迎えたので、女子だけの歴史語り聞かせ会?が
市内某焼肉店で開催されました。
もちろん仕事に関する内容も多かったのですが、
ブライズには昔から企業理念や、ミッションステートメントの他に、
こういったスタッフ伝説を共有伝承する習慣があり、
そこが代々のブライズスピリッツを生み出してくれていた源のように感じます。
今回は先輩スタッフから後輩スタッフへの申し送り会のようなものでした。

話は変わりますが、ブライズの女子は全員本当によく食べます。
確かに男性と同じ力仕事をこなしてくれているわけですから
当たり前かもしれませんが、これが類い稀なバワーを生み出していることは
間違いありません。

また、美味しいレストランやケーキショップの情報入手は凄く早い。
多分、三重県でブームに火がついた時には
もうとっくに制覇して、次なるテーマに向かっています。
かつて、バームクーヘンも、ドーナツも、マカロンもそうでした。
本当に食べ物に対する興味や感度は高いと思います。
ちなみに今回のブログ写真は、
その女子会食事風景ですが、全員ご飯は大盛です。

今日は、心から頼もしい、ブライズの女子プランナーたちのお話でした。
ぜひみんなに会いに来てやってください。
手前味噌ですが、ハートもハード(外見)もイケてる娘たちです(笑)
by brides-japan | 2010-05-09 16:58 | +オーナー日記 | Comments(0)
もう使ってみましたか?
こんにちは、ブライズの坂口です!

今日は、
「光と風の時間」ホームページのトップ画面にある記念日物語について書きます。
これは、ホームページを立ち上げるにあたり、
何とか皆様に遊びに来ていただきたい、
また、お越しいただいた際毎回楽しめる工夫はないか、
星占いはどうか、全員参加型のゲームはないか、
などとあれこれ考えているときに生まれたアイデアです。
c0227264_9591587.jpg










ここをクリック

使い方は簡単で、
自分たちの記念日を入力して「計算」をクリックすると
今日までの日数が自動計算されます。
また、自分たちの記念日から777日目はいつ?
10000日目は?
などと、オリジナルの記念日を探すのに簡単で優れた機能をもっています。

クリスマスやバースデー、
結婚記念日や付き合った記念日。
時には、初めてのチュー記念日なんかもありました。
最近の若いカップルたちは、
いろんな記念日を思い思いに楽しんでいます。
また、楽しみ方も昔に比べて本当に上手だなあとも感じます。

特別な日に、特別な人と、特別な場所で・・・。
そんな場所として
「レストラン光と風の時間」をお選びいただけたら、
というのが私たちの願いです。

お食事を共にする時間というのは
とても大切なコミュニケーションツールです。
家族のきずなづくりや、子どもの躾、友達との楽しいひととき、
恋人同士の愛を深めあうかけがえのない時間。
ただ向き合っているというよりも、食事があれば会話をつないでくれたり、
盛り上げてくれたりと、シーンシーンで
とても頼りがいのあるサポーターになります。
時には喧嘩をしている時でも食事があれば二人の間の微妙な溝を埋め、
静かに心と心を取り持ってくれる大切な脇役も果たしてくれます。

ぜひ自分たちだけの記念日を大切に、
また新たに記念日をつくってレストランに来てください。
そんなときにお役に立つのが、この「記念日物語」です。
by brides-japan | 2010-03-04 16:56 | +オーナー日記 | Comments(0)
名古屋BMCパーティー
こんにちは ブライズ坂口です!

昨年の話ですが、
名古屋東急ホテル様のパーティーを
日本パーティープランナー協会で担当させていただきました。
このパーティーは、
BMCという地域を代表する有名ホテルの代表及びマネージャクラスの
皆様が一同に会するもので、
その名古屋支部35周年を記念して行われました。
中部地方を中心に日本全国各地を代表するプロフェッショナルのお集まりとあり、
企画から準備にいたるまで、相当の時間と労力をかけ、
たいへんな緊張感の中で実施されました。
オープニングは観世流能楽師久田先生の能楽で始まり、
宴中にはテーブルフォートゥーへの活動支援金の贈呈、
最後はビッグサプライズを含めたエンドロールなど
非常に中身の濃い、且つ洗練された
お洒落なパーティーになりました。
業界の皆様のご評価も大変高かったと伺っています。
私は、この企画準備段階からお手伝いさせていただき、
当日はなんと
名古屋BMC会長直々のご指示で
影アナまで務めさせていただきました。
名古屋を代表する東急ホテルスタッフの皆様のチームワークはもちろん、
携わられた幹部の方々のスキルの高さに触れさせていただき、
とてもよい経験をさせていただいた一日でした。
c0227264_114151100.jpg

by brides-japan | 2010-02-08 09:58 | +オーナー日記 | Comments(0)
パーティープランナーの仕事
c0227264_1348648.jpg


ブライズの坂口です。

3月24日、東京の帝国ホテルでJPPA主催のパーティーが行われました。
これは、以前にこのスタッフブログでも書きましたが、
パーティープランナーを数多く輩出し
日本のパーティー文化に革命を…、という目的で設立された団体です。
私は今回、その一期生として、
パーティーを企画実行する側で参加させて頂きました。

これまでのパーティーは、式次第にのっとり、
主催者挨拶、来賓挨拶、鏡開き、乾杯、食事、
三本締めなどワンパターン。
これは驚きなことに、
東京、大阪、名古屋、福岡などの都市部、地方部関係なくワンパターンです。

ホテルが違えど、
会場の装飾や料理メニュー、サービススタイルまでもワンパターンです。
最近は、外資系のホテルが相次いでオープンしていますので、
若干変化が出ているのかもしれませんが、
劇的なレベルではありません。
このままでは、せっかく鹿鳴館時代から続いてきた
大切なコミュニケーション文化である
パーティーそのものが衰退しかねません。

私の専門分野である、ブライダルも以前はワンパターンと言われてましたが、
最近は情報誌の相次ぐ発刊により、会場側が刺激され、
映画やドラマでも話題を呼んだウエディングプランナーの活躍とともに、
相当変わってきたように思います。
今後、私たちパーティープランナーの頑張りと働きで、
ビジネスパーティー業界に新しい風がおこるきっかけになればと願っています。

日本には、お洒落して出かける機会や、場所があまりにも少ないような気がします。
結婚式はもちろんですが、卒業式、成人式。
個人では、誕生日、結婚記念日など、
もっともっと機会を見つけて楽しめばいいのに。
時には、舞踏会に招き、招かれるようなビッグチャンスがあってもいいのでは…。

ノーベル賞や、映画の授賞式をテレビで見るたびに、
あのレッドカーペットを歩いてみたい!
そんな衝動に駆られます。
by brides-japan | 2009-04-09 13:44 | +オーナー日記 | Comments(0)
アフリカの子供達・・・
こんにちは ブライズ坂口です!

c0227264_14422082.jpg


今日は、以前も少しご紹介した、パーティープランナーの続編です。
昨年、なんとかパーティーデザイナーのコースを卒業し、
現在、パーティープランナーコースに進んでいます。
いっしょに学んでいる人達は、
本当に前向きで、才能に溢れ、人間的にも尊敬できる人ばかりなので、
毎回とても刺激になっています。

そこで、今回のブログタイトルなのですが、『アフリカの子供達…』。
なんで?唐突に、と思われたでしょう。

実は、その楽しかったパーティープランナー講座も三月で終了。
卒業です。
その、卒業制作(卒業パーティー&エキシビション)のテーマに選ばれたのが
アフリカの子供達の給食を支援するボランティア、『テーブルフォーツー』です。
僕は今回はじめてこの活動について知ったのですが、
日本人が発案し、発信元となって、世界に広げているボランティア活動で、
先進国が抱えるカロリー摂取オーバーによる肥満を始めとした食問題と、
開発途上国が抱える食料不足問題を同時に解決する
という素晴らしいアイデアなんです。

例えば、社員食堂でテーブルフォーツーランチを注文すると、
自動的にローカロリーメニューが提供され、
食材その他でコストダウンした¥20を、アフリカの子供達の給食資金として
寄付するというもので、一人が食事をすると、
遠く彼方のアフリカで誰か一人の子供が給食を食べられるというもの。
見ず知らずの二人で食卓を囲んでいる
イメージから来たネーミングがテーブルフォーツー(二人の食卓)です。
オシャレでしょう!
ちなみに、現在のアフリカの給食費が一食約¥20なんだそうです。

アフリカの家庭では、生活を全員で支えている関係から、
子供といえども働かなくてはなりません。
しかし、もし、給食が支給されるとなったら話は別で、
親達は子供を学校へ行かせてくれるそうです。
そうです、一食たすかるから…。
そういう面で、未修学児童を少なくする活動にもつながっているのです。
子供達に教育を受けるチャンスを与えることにもなります。
これは、もうひとつの大きな社会問題、
『エイズ』の撲滅につながってゆくと思います。
一年間に世界の子供の22%がアフリカで産まれますが、
5才未満の死の約半分がアフリカの子供という現実に、
あらためて大きな衝撃が走りました。

今回のエキシビション&パーティーは、
JPPA主催で帝国ホテルさんで三月に行われます。
その進行ディレクターも僕(坂口)が担当させていただけることになりました。
これは、とても貴重な経験で、やりがいもあります。
なんとかその大きな活動の一助になれるよう、
JPPA一期生みんなで準備を進めている現在です。
by brides-japan | 2009-01-18 14:41 | +オーナー日記 | Comments(0)
東京出張中です
こんにちは!ブライズ坂口です。

c0227264_14465899.jpg


今日は朝から出張です。
以前にもブログで紹介した、パーティープランナー資格取得のための勉強です。
既にパーティーデザイナーコースは終了していますので、もう少しですが、
今からがレベルも上がってゆき大変です。
なんとか新しいパーティー文化を創造するために頑張ります。

新幹線のなかで久々の富士山を見ました。
もちろん、東京へは定期的に出かけてましたが、
改めて富士山を楽しみにして見ることがなかったような気がします。
とても美しく、雄大で感動しました。
これだけクリアに見ることができて、縁起がいいな、とも思います(笑)。

人って、単純なことで幸せ感を味わえるんだとつくづく思います。
by brides-japan | 2008-12-19 14:44 | +オーナー日記 | Comments(0)
 ★